水素水の効果を実感しよう

水素水と電解水について

水素水と電解水について 水素水も電解水も両方とも普通の水よりも多くの水素が溶けている水ですが、両者の製法や性質は異なります。
単に水素水と呼ばれる水は高圧の水素ガスを水に溶かして作られています。
水素ガスを溶かした水は酸化物質を除去する能力がありますが、酸性の水を中和することができません。
これに対して電解水と呼ばれる水は水を電気分解させて発生する水素を溶かした水のことで、アルカリイオン水とか還元水素水とも呼ばれています。
水を直流電流で電気分解する際、水素が発生する陰極側の水はアルカリ性の水酸化物イオンを多く含みます。
このため電解水と呼ばれる水は単に水素を多く含むだけでなく、アルカリ性(還元性)の性質を持つのです。
アルカリイオン水にも水素が多く含まれているので体の中の活性酸素を除去することができますが、水そのものがアルカリ性を示すので酸を中和する能力があります。
このためアルカリイオン水を飲料水として使用すれば胃腸系の疾患にも効果があります。
電気分解によって作られる水素水には微小水素気泡を多く含み、気泡は電解後も1日程度水中に安定して存在します。
このため水素濃度が低下するまでの時間が長いので水素風呂にも用いられています。

水素水の働きについて

近年、美容や健康の面で非常に大きな効果があると人気なのが水素水です。
水素水とは、ミネラルウォーターなどに高圧処理した水素を加えたもので、一般の水道水にはない豊富な水素分子を含んでいます。
水素分子は非常に小さな分子構造をしており、血管や内臓など身体のあらゆる場所に行き届くことができます。
水素分子には、体内で発生した活性酸素と結合して汗や尿として体外へ排出する働きがあります。
活性酸素は細胞を酸化させ、老化を進めてしまう物質として知られています。
この活性酸素を体の中から減らせれば、それだけアンチエイジング効果を得ることができるのです。
また、美容面だけでなく動脈硬化や認知症の改善にも働きが期待されているため、医療分野でも研究が進んでいます。
もともと人間の体内では水素を生成することができないので、水素水などを利用して効率よく体内に摂取する必要があります。
人間の体内では自然に水素を生成することはできないので、摂取したい場合は水素水などを使って効率よく取り込む必要があります。