水素水の効果を実感しよう

水素水はスポーツの際に飲むのにも適している

水素水はスポーツの際に飲むのにも適している スポーツを行う際には、汗をかくことで体から水分が不足します。
それをそのまま放置しておくと、血液の流れが悪くなってしまったりする恐れもあるので、適度な水分補給は必須です。
そしてその際におすすめなのが、水素水です。
その理由のひとつとして、スポーツによる疲労を防ぐ効果が期待できるためと言うことが挙げられます。
水素水に含まれている水素には、活性酸素を除去する作用があるとされています。
この活性酸素が発生する原因は様々あるのですが、そのひとつが激しい運動です。
そして体内で発生した活性酸素は、細胞を傷つけ、その機能低下を招くことによって疲労の原因にもなります。
ですから、スポーツの際に水素水で水分補給をすることは、活性酸素の発生を抑制し、疲労を予防することにもつながることが期待できます。
飲むタイミングとしては、何時でも構いませんが、スポーツの前や最中に飲むと活性酸素の発生を抑えることができます。
そして終わった後に飲むと、体に対しての水分補給にもなりますし、活性酸素の働きを抑制することが期待できます。

水素水は血糖値にも効果が期待できる

血中の糖分濃度を示す血糖値は、通常は膵臓から分泌されるインスリンによって一定に保たれています。
しかし何らかの理由でインスリンの分泌量が減少する、またその働きが低下してしまうと血糖値は常時、高いままになってしまいます。
その状態が長く続きエネルギーとして使用されないままの糖分が尿に混ざって出てくるようになりと、それは糖尿病と診断されてしまいます。
糖尿病にならないためには、暴飲暴食を避けること、また糖分摂取を控えることが大切ですが、最近では、血糖値のコントロールには水素水が有効なのではないかとも言われています。
インスリンを分泌するために膵臓で作られるβ細胞は、活性酸素から受けるストレスに対して非常に脆弱であるとされています。
活性酸素とは、紫外線を浴びたり、強いストレスを感じたりすると、体内で発生する物質です。
量が増え過ぎると、細胞を深く傷つけることもあります。
そのため体内の活性酸素の量が増えるとβ細胞も破壊されてしまい、それは結果としてインスリン分泌量の低下につながる可能性もあります。
しかし水素水、その中に含まれている水素には、活性酸素と結合して、それを中和、還元してしまうと言う特性があります。
ですから水素水を飲むことは、β細胞を活性酸素のストレスから守り、インスリンの分泌量を安定させ、血糖値を安定させることに効果が期待できると言うわけです。